成績が良い人あるある。ペンケースが小さい人が多いのはなんで?

  • URLをコピーしました!
あらむ
この記事を書いた人
塾講師15年の経歴を生かし、オンライン家庭教師の法人を設立して活動中です。

こんにちは。オンライン家庭教師のあらむです!

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?

「たくさんペンを持っておきたいから大きめ!」
「推しを眺めていたいからマンガやアニメのキャラクターグッズ!」

など、それぞれのこだわりがあると思います。

ところで、ペンケースが成績アップに影響があることをご存知ですか?


ペンケースがペンでパンパン、あるいはいらないものがたくさん入っているままでは成績は伸びにくいです。

成績を伸ばしたいという人は、まずペンケースをシンプルにすることでその効果を得ることができますよ。

今回はペンケースが成績におよぼす影響と成績アップにおすすめするペンケースと中身を分かりやすく説明します。

成績アップしたい人はぜひ読んでくださいね。

目次

成績がいい人が知っていること

成績がいい人のペンケースはいったいどんなものでしょうか?

まずは成績がのびにくい人のペンケースの特徴を知ることからはじめましょう。

成績がのびにくい人にありがちなペンケース

それは何十本ものカラーペンを入れているパンパンのペンケースです。

長年塾講師をしてきて幅広い成績帯の生徒を見てきた立場ではっきり言えるのはこれです。

ノートをカラフルに彩りたい。デコりたい。
こんな理由から、大きな大きなペンケースに大量のペンを入れている生徒が多いです。

ひどいときは、10色セットのペンをまるまるペンケースにつっこんでいる人もいます。

しかし、このパンパンのペンケースには大きな落とし穴があります。

大きなペンケースが生み出す成績へのダメージ

結論から申し上げれば、勉強時間にカラーペンを選ぶという行為は脳に大きな負担をかけてしまいます。

人間の脳は選択することはあまり得意ではなく、かなり労力がかかります。

この一行は大事だから赤かな?
ここは青でふちどりしたいな
この言葉は緑?それともオレンジ?

勉強のたびにいちいちペンを選んでいたら、脳は知らないうちに疲れてしまいます。

そしてペン選びで脳が疲弊してしまえば、集中したいときに力を発揮しづらくなります。
せっかく勉強したことも頭の中を通りぬけていってしまいますね。

ペンをたくさん持っていると、その選択に時間がかかってしまいます。

だから時間をかけて勉強している割には成果が出ないのです。

学習している内容とペンの色、どっちが大事ですか?

ペンケースを小さなものに変えて中身を変えよう

成績アップしやすいペンケースにするにはどうしたらいいのでしょうか。
まず中身を減らすために、ペンケースを小さなものに替えましょう。

勉強用のペンケースは以下の中身で十分です。

【おすすめペンケースの中身】
・シャープペンシル1~2本
・消しゴム1個
・カラーペン2~3本
・じょうぎ1本

カラーペンは多色ボールペンを使うとさらに本数が減るのでおすすめです。

これによって、勉強中の余計な選択肢を減らすことができ、勉強に集中しやすくなります。

これ1本でペン5本分!まちがいなくペンケースがすっきりします

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

おすすめペンケース

シンプルなものが一番!集中力を奪われずに済みます

おすすめは革のペンケースです。
買うときは少し高く感じるかもしれませんが、それを補ってあまりあるメリットがあります。

【革のペンケースのメリット】
・シンプルなデザインで学年問わず使える
・丈夫で壊れにくく長持ち
・買い替える必要がなく、コスパ良し
・中身を厳選するので成績アップにつながりやすい!

大人っぽいデザインが逆に喜ばれます。プレゼントにも◎

成績を上げたいなら、使っているものの見直しをしよう

【まとめ】
・成績のいい人のペンケースは小さくて中身が少なめ
・ペンを選ぶ回数を減らすと脳が疲れにくくなる
・多色ボールペンと革のペンケースがおすすめ

成績を上げたいのなら、まずはペンケースの見直しからすべき理由をまとめました。

ペンケースをごちゃごちゃして目的のものを探す時間は本当にもったいないです。
「成績を上げるために勉強するんだ」と目的をはっきりさせ、ぜひ自分やお子さんのペンケースを見直してみてください。

小さなことから成績アップへの道を歩んでいきましょう!

今回紹介したもの

ペンケースの中身を徹底的に減らしたい方へ

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

成績も上がりコスパも抜群な革のペンケースはこちら

成績アップにつながる記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次